【PythonでGUIアプリ開発】tkinterでテキスト(文字)をウィンドウに表示する

Tkinter

GUIアプリで基本となることはテキスト(文字)の表示ですよね。

この記事ではそのテキストの表示の仕方について解説します。

スポンサーリンク

準備

まずはウィンドウを作成しましょう。

ウィンドウの作成方法がわからない方は、下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

Labelを使ってテキストを表示する

ウィンドウにユーザーが変更できないテキストを表示する場合は、Labelを使うのが良いでしょう。

実装コード

import tkinter as tk

main_win = tk.Tk()
main_win.title("テスト用ウィンドウ")
main_win.geometry("400x300")

text = tk.Label(main_win, text="Test テスト")
text.pack()

main_win.mainloop()

実行結果

解説

ユーザーからは変更できないテキストの表示ということで、Labelを使用したコードを実装し、実行してみました。

GUI上のテキストやボタンなどをウィジェットと呼びます。

ここではウイジェットの配置については、詳しく述べません。
(ウィジェットの配置についてはまた別の記事にする予定です。)

テキスト表示のLabelの流れとして、

  1. テキストのウイジェットをつくる(初期値として、表示するテキストを指定する)
  2. ウイジェットを配置する

となります。

Textの引数のtextの内容を変更することで、ウィンドウに表示されるテキストの内容が変わります。

スポンサーリンク

Textを使ってテキストを表示する

次にユーザーが変更できるテキストの表示を実装してみます。

実装コード

import tkinter as tk

main_win = tk.Tk()
main_win.title("テスト用ウィンドウ")
main_win.geometry("400x300")

text = tk.Text(main_win)
text.insert(1.0, "Test テスト")
text.pack()

main_win.mainloop()

実行結果

解説

実行結果のテキストは削除したり、テキストを追加したりすることができます。

Textはユーザーがテキストを入力して、そのテキストを読み込んで、別の処理に使うといった用途に向きます。

簡易メモ帳もこのTextで簡単につくることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました