【PhotoScape X】フレーム機能で画像にフレームを入れたり、影をつけたりする方法【無料で簡単に画像編集(フォトスケープ X)】

PhotoScape X
スポンサーリンク

フレーム機能:画像の中にフレームを入れる

使い方

※mac版のPhotoScape Xを使って説明します

1. PhotoScape Xを起動する

2. 写真編集のメニューをクリックし、編集したい画像を選択する(またはファイルをドラッグ&ドロップする)

3. 右上のメニューから『フレーム』をクリックし、『フレーム』をクリックする

4. 画像の中に入れたいフレームを選択する

5. 『適用』をクリックする

6. 『保存』をクリックして、画像を保存する

作例

スポンサーリンク

シェイプ機能:画像に型取りをつける

使い方

※mac版のPhotoScape Xを使って説明します

1. PhotoScape Xを起動する

2. 写真編集のメニューをクリックし、編集したい画像を選択する(ドロップする)

3. 右上のメニューから『フレーム』をクリックし、『シェイプ』をクリックする

4. 入れたい画像の型取りを選択する

5. 『適用』をクリックする

6. 『保存』をクリックして、画像を保存する

オプション

型取りの設定

型取りの形を変更することができる。

マージン

マージンを大きくすると、見える画像の範囲が大きくなる。

背景

背景を設定することができる。
一番右側は背景を透明にすることができる。

背景の不透明度

背景の不透明度を設定することができる。
右側にスライドすると不透明度が高くなり、左側にスライドすると透明になっていく。

作例

スポンサーリンク

境界線機能:画像の境界線を装飾したり、影をつけたりする

使い方

※mac版のPhotoScape Xを使って説明します

1. PhotoScape Xを起動する

2. 写真編集のメニューをクリックし、編集したい画像を選択する(ドロップする)

3. 右上のメニューから『フレーム』をクリックし、『境界線』をクリックする

4. 装飾したい境界線を選択する

5. 『適用』をクリックする

6. 『保存』をクリックして、画像を保存する

オプション(境界線変更)

①:どの角の形を変えるか設定することができる。

②:角の形を選択することができる。

丸み

角の丸みの具合を設定することができる。
数値が大きいほど、角の丸みが大きくなる。

オプション(影)

影の色を設定することができる。

オフセット

画像と影の位置関係を調整することができる。
オフセットの数値が大きいと、画像と影が離れるようになる。

ぼかし

影のぼかし具合を設定することができる。
ぼかしの数値が大きいほどぼかし具合が大きくなり、ぼかしの数値が小さいとくっきりとした影になる。

角度

影を画像に対してどの角度に入れるかを設定することができる。

オプション(共通)

背景

背景を設定することができる。
一番右側は背景を透明にすることができる。

背景の不透明度

背景の不透明度を設定することができる。
右側にスライドすると不透明度が高くなり、左側にスライドすると透明になっていく。

作例

コメント

タイトルとURLをコピーしました