【Metabaseでデータ可視化】質問作成によるデータ抽出とグラフ化

Metabase
スポンサーリンク

Metabaseにおける質問とは

データ抽出やグラフ化した結果のことをMetabaseでは『質問』という言葉で表現されています。

データそれぞれに対して、質問すると、それを可視化してくれるという感じになります。

質問に可視化は、何かのデータが集約された数値1つで表示されることもあれば、テーブルとして表示されたり、グラフとして表示されることもあります。
またその表示方法はユーザによって変更することも可能です。

スポンサーリンク

3つの質問作成機能

Metabaseでは質問を作成する方法として、3つの機能があります。
ここでは、各質問機能の概要について紹介します。

質問機能を使用する場合は、画面上部の『照会する』をクリックします。

質問作成機能として3つの質問作成機能が表示されます。

簡単な質問

『簡単な質問』の機能はデータテーブルに格納されているデータを確認しながら、データ抽出などを行い、可視化する流れになります。

特徴としては、SQLを使用せずにデータ抽出を行い、グラフなどの可視化ができるという点にあります。

カスタム質問

この質問作成機能もSQLを使用せずに可視化までできる機能になります。

『簡単な質問』との違いは、設定しているフィルタや要約の内容が『簡単な質問』よりも見やすい点が挙げられます。
『簡単な質問』の方は、処理中のデータ内容を見やすくすることに重点を置いているので、使いやすい方で機能の使い分けをすれば良いかと思います。

ネイティブクエリ

上記2つの質問機能とは違い、SQLをガンガン書ける人に向けた質問機能になります。

スポンサーリンク

可視化の種類

Metabaseはデータを様々な形で可視化することができますが、その種類は14種類あります。

一般的によく目にする線グラフや棒グラフはもちろんありますし、プログレスやマップといった少し特殊なデータ可視化もあります。

可視化の種類リスト

各項目は、Metabaseの『ビジュアライゼーション』の設定を行う時の表示名で表記しています。

  • コンボ
  • 範囲
  • 散布
  • ファネル
  • トレンド
  • プログレス
  • ゲージ
  • 数値
  • テーブル
  • マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました