【Pyxelでゲーム開発】Pyxel Editorのイメージエディタの使い方解説

Pyxel

PyxelにはPyxel Editorという画像や音楽を作れるツールが備わっています。

今回はPyxel Editorの中から、イメージエディタの使い方について解説します。

スポンサーリンク

イメージエディタの起動

イメージエディタを起動する時は、以下のコマンドを実行します。

pyxeleditor [Pyxelリソースファイル]

この時、ファイル名をしてしない場合は、ファイル名がmy_resource.pyxresとなります。

コマンドを実行した後、Pyxel Editorの画面が起動します。

Pyxel Editorには下の4つのエディタがあるので、イメージエディタを選択します。

  • イメージエディタ
  • タイルマップエディタ
  • サウンドエディタ
  • ミュージックエディタ
スポンサーリンク

画面の説明

イメージエディタの画面について説明します。

画面中央部

画像の絵画領域です。

サイズは16×16になります。

補助線は8×8のところで引かれています。

画面上部

画面上部には、UNDO、REDO、SAVEがあります。
マウスカーソルを合わせると、それぞれのショートカットキーも表示されます。

画面下部

画面下部には色のパレット、絵画ツールがあります。

絵画ツールを左から順番に説明します。

コピー領域の選択

コピーしたい領域をマウスのドラッグで指定して、Ctrl-Cでコピー、Ctrl-Vでペーストします。

フリーハンド

自由に画像を描くことができます。

四角形(中抜き)

四角形をドラッグで作成することができます。
四角形の中は色を塗っていない状態になります。

矩形(べた塗)

四角形をドラッグで作成することができます。
四角形の中は色を塗った状態になります。

楕円(中抜き)

楕円をドラッグで作成することができます。
楕円の中は色を塗っていない状態になります。

楕円(べた塗)

楕円をドラッグで作成することができます。
楕円の中は色を塗った状態になります。

塗りつぶし

指定色に塗りつぶします。

画面右部

画面右部はイメージバンクになります。

イメージバンクの切り替えは、下にある『IMAGE』のーと+のボタンをクリックします。

イメージバンクは0~2まで用意されていて、一つのイメージバンクにつき256×256の絵画領域があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました