フリーランスだからこそ資産運用が重要!資産運用のポイントを紹介

フリーランス生活

ど~もtoniemonです☆

サラリーマンからフリーランスに転身すると、自分の資産について、これまで以上にもっと考えておくべきことがあります。
今回は資産に関することと、資産運用について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サラリーマンからフリーランスに転身することによる資産形成のデメリット

サラリーマンからフリーランスに転身すると、資産を形成する上で様々なデメリットがあります。
ここでは、簡単にそのデメリットについて紹介します。

税金、年金、保険の支払いが給料天引きでなくなる

サラリーマンの場合、支給される給料の手取りは、税金や年金や保険料といったものがすでに引かれている状態のものを受け取ります。
しかし、フリーランスになると収入から自分で支払わないといけません。

なので、何も考えずテキトーにつかってしまうと、それらの支払いができなくなり、生活が破綻してしまいます。

税金、年金、保険料などを支払う金額は残しておくような資産管理が必要になります。

年金受給額が減る

サラリーマンからフリーランスになると、厚生年金対象者でなくなります。
そのため、サラリーマンを続けている時よりも年金の受給額が減ってしまいます。
だからこそ、フリーランスになったら老後の備えのための資産運用が大事になってくるわけです。

保険料が上がる

サラリーマンからフリーランスになると、基本的には国民健康保険に加入することになります。
会社の保険よりも保険料がかなり上がってしまうことがほとんどです。
どの程度保険料が上がるかは確認しておいた方が良いです。

スポンサーリンク

資産を用途ごとに分けて、管理する

今の生活、そして将来の生活をしっかりと守るにはテキトーに管理していてはいけません。
フリーランスの活動で得た収入は、

  • 生活費
  • 税金、年金、保険
  • 貯金
  • 運用

と大きく4つのカテゴリに分けて、それぞれ管理するのが良いです。

生活費は毎月支出するものを想定しています。
食費、日用品、住宅ローンや家賃などです。

税金、年金、保険を生活費と分けたのは、毎月支払いがないかもしれないものとして分けました。
年金、保険はある程度まとめて支払うと少しお得になります。
ただ毎月支払いがないと、ついついその存在を忘れてお金を使ってしまいガチなので、自分で給料天引きのような仕組みを作って、お金を貯めておくことをオススメします。

支出で必要な金額以外を貯金、運用に回すわけです。

貯金と運用の考え方

自分は貯金と運用を

  • 貯金:短〜中期的に何かお金が必要な目的があるために貯めるもの
  • 運用:目的は特に無く、長期的に保有しておくもの

と考えています。

例えば、車を買う、家を買う、旅行に行くといった目的が10年以内にあるとすれば、貯金としてお金を貯めます。

10年以上、使用用途のなさそうな余ったお金を投資信託などで運用します。

スポンサーリンク

資産運用はインデックスファンドの投資信託をおススメする理由

フリーランスは年金の受給額が少ないという点でも、iDeCoやつみたてNISAを利用して資産運用をしていく方が良いでしょう。

資産運用では、インデックスファンドの投資信託をオススメします。

自分の経験からインデックスファンドをオススメする理由として、

  • リスク分散が手軽にできる
  • 少ない拠出額でもできる
  • 投資にかける時間を節約できる

があります。

投資信託というものに慣れないうちは少ない額で様子を見たいという人や、あまり運用に回すお金が多く無くても、少額から始められるのは投資信託の大きなメリットです。

インデックスファンドは運用コストも安く、長期的に保有するには非常にメリットもあります。

投資なので、短期的には保有額の上下はありますが、長期的に保有することで、プラスに持っていく考えです。
なので、運用は10年以上使用目的のない余剰金を突っ込むのがベターでしょう。
もしかすると、リーマンショックのような暴落があった時も、余剰金であれば生活に支障がないという安心をうむという効果もあります。

資産運用して、自分らしい生活スタイルで築いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました