新型コロナウイルスの影響を受けたフリーランスエンジニアの現状

雑談

2020年に入って騒ぎ始めた新型コロナウイルスは、4月下旬も世界各地で猛威を奮っています。

そのような状況でありますが、自分の自身のフリーランス・エンジニアとしての現状をお伝えして、それが何かの役に立てればと考えて、今回の記事を書きました。

スポンサーリンク

仕事の状況

仕事のスタイルとしては、客先に常駐してソフト開発を行っている形です。
ただ4月に入って、テレワークになりました。

現在、仕事が打ち切りになったりとかいう状況ではないので、仕事のスタイルが変わったぐらいです。
収入については変わってないので、今のところ新型コロナウイルスで仕事に関して何か困ったことはありません。

新型コロナウイルスの影響で、仕事が思うようにできなくなっている人をテレビなどで見ると、テレワークでもできる仕事をやっていて良かったと感じています。

スポンサーリンク

今回の騒動で考えたこと

これから先、もしかしたらリーマンショックのような状況になるかもしれないということを考えています。

その時は会社員だったので、ある程度の保証はあったのですが、現在はフリーランスという立場に変わっています。

いきなり仕事が打ち切りになってしまうということも考えられます。

そうなった時に備えて、自分自身のスキルアップを急ぐとともに、新しいビジネスにもチャレンジする必要があるかなと感じています。

まずは自分自身のスキルアップについて自分の思っていることについて書きます。

エンジニア市場の動向は確認しながら、スキルアップをはかっていく必要があると感じています。
市場需要の無いスキルを伸ばしても、次の案件の獲得はとても難しくなってしまいます。
フリーランスのエージェント 会社のサイトで求人情報を確認したり、エージェント 会社の担当者に確認するなどして、エンジニアの市場需要はチェックしておくべきだろうと思っています。

次は新しいビジネスについて、自分の思っていることです。

新型コロナの影響がどうこうというより、普段から考えていることですが、メインとなる業務の他にサブとなる業務をしておいた方が良いかなということです。

フリーランスの身分保証なんて、ほとんど無いような物なので、一つがダメになったとしても、二つ目、三つ目があるという保険を自分で作っておくことが大事な気がしています。

正直、かなり難しい気はしますが・・・
ただ、やってみることが大事だと思っています。
またせっかくのフリーランスなんで、自分が興味持っていること、楽しめることをうまくビジネスにできることを考えていきたいとも思っています。

メインの業務があるうちに、種をたくさん撒いておいて育てていく、ということを日頃から意識して、フリーランス生活を送っていきたいです。

スポンサーリンク

最後に

現時点、自分には新型コロナウイルスの影響はあまり大きくないですが、この先どうなるかわかりません。

現在だけでなく、その先どうなるかということを見据えながら、フリーランスとして頑張っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました