ほぼ未経験からフリーランスエンジニアへ転身成功!その方法を紹介します!

フリーランス生活

今年、サラリーマンを辞めてフリーランスエンジニアに転身しました。

この決断には色々考え、悩みました。
ソフトウェア開発としてはほぼ未経験という状況からフリーランスエンジニアとしてIT関連の仕事をしています。

フリーランスになりたい」「フリーランスってどんな感じ?」って興味を持っている人に少しでも役に立つ情報を出せれば、嬉しいと思い記事を書きました。

スポンサーリンク

フリーランスとして働くためにどうやって仕事を受けるか?

「フリーランスとして働き始めたい」と思っても、結局収入を得ないと生活ができないので、フリーランスとしてはやっていけません。

なので、どこからか仕事の依頼を受ける、あるいは成果物を売るということで収入を得る必要があります。
何かのコネがあって、仕事を依頼される環境であればフリーランスの入り口としては始めやすくて良いのですが、そうでない人でもフリーランスとして働きたいという人も多いと思います。

コネがなければ、コネを作らければならない。
そこで考えられるのが、営業活動です。
自分のスキル・成果物をアピールして自分というものを売り込み、仕事を引き受けるわけです。

ただ営業活動が苦手な人もいます。
自分がそうです。
口下手なので、営業には絶対に向かないという自信があります。
それならば、そういう人は営業活動はプロにお任せしましょう、ということです。

フリーランスで仕事を受けるためにエージェントを利用する

フリーランスになるということに対して、イメージがわかない方も多いと思います。
そこでオススメするのは、フリーランスとして働いている方に相談してみることです。
周りにフリーランスの方がいない場合は、フリーランスのエージェントの無料セミナーを受けてみてください。

もう一つの方法がエージェントを利用することです。

自分は今、フリーランスのエージェント経由で仕事をもらって収入を得ています。

大手のフリーランスのエージェントは登録無料のところが多いので、登録しておいて情報をいろいろと集めてみましょう。

エージェントのセミナーに参加したり、担当者と面談したりして、フリーランスとして働くイメージをしっかりと描けるようにすることが重要です。

スポンサーリンク

フリーランスのエージェント経由による仕事の契約と転職活動との違い

正社員としての転職活動も経験したことがあるので、フリーランスのエージェントを利用した仕事の契約との比較で説明したいと思います。

契約が決まるまでのスピードが速い

転職活動では、書類選考から企業と面談が決まるまでに1~2週間かかり、最終面談が終わるまでに1か月~2か月ぐらいかかることが普通でした。
でも、フリーランスのエージェント経由だと

  • 担当者と面談し、自分の興味のある分野、もっているスキルについて話す
  • その場で、何件かの案件を紹介してもらう
  • 自分の興味のある案件を選び、担当者に企業と面談のアポを取ってもらう

までがエージェントとの面談日で決まりました。
そして、

  • 担当者と一緒に企業に行って面談する
  • 面談がうまくいくとオファーをもらえる

という、この一連の流れでエージェントとの面談日からオファーが決まるまでにかかった時間は約1.5週間でした。
以前、転職活動していた時に比べるとあっという間に決まった感じです。

契約が決まるまでの負担が少ない

転職活動では、書類選考、一次面談、二次面談、最終面談ぐらいが普通のステップとしてありますが、フリーランスの面談は1回のみのところが多いようです。
自分は2社と面談しましたが、どちらも面談は1回30分~45分ほどで終わり、その日のうちにオファーをもらえました。

転職活動の時は、面談と面談の間があいてしまうので、気持ち的に落ち着かない感じになったりするのですが、フリーランスの面談は1回で終わるので、そういったことがありませんでした。

時間・金銭(交通費)・精神において、フリーランスの面談の方が圧倒的に楽です。
社員として働きながらやる場合にはフリーランスの面談の方が仕事への負担も少なくて済みます。

スポンサーリンク

フリーランスのエージェントを利用するメリット・デメリット

フリーランスで仕事をしていく場合は、エージェントを利用する、または利用しないの2つがあります。
自分はエージェントを利用して仕事を契約していますので、そこで感じているメリットとデメリットを紹介します。

エージェントを利用するメリット

営業活動をしなくて良い

エージェントを利用する上での一番のメリットではないかなと思います。

自分の興味のある分野の仕事の案件をどんどんと紹介してくれて、企業とのパイプをつないでくれます。
多くの時間を営業活動に充てず、業務に集中できます 。

困った時は相談に乗ってくれる

フリーランスとして働き始める前、働き始めた直後ぐらいはいろいろと心配になることも多いですが、エージェントが相談に乗ってくれます。

逆にあんまり相談に乗ってくれないようなエージェントであれば、そのエージェントは避けて、他のエージェントを選んだほうが良いです。

エージェントとは仕事をしていく中で、長い付き合いになるので信頼できないと思うエージェントでなく、信頼できるエージェントを選んでいくことも大切です。

エージェントを利用するデメリット

単価が低くなる

エージェントを利用しているとエージェントの方にもお金が回っていくため、エージェントを利用しない場合と比べて、どうしても報酬は少なくなりがちです。

ただスキルのある人は、それでもかなり高めの単価で契約できることもあります。

結局は自分の頑張り次第な気がします。

エージェントに報告する手間が増える

エージェントを通して報酬が振り込まれるため、契約先の企業だけでなくエージェントの方にも業務報告が必要になります。

自分は月に1回の業務報告と、休暇を取るときの報告が必要ですが、メールでの連絡なので、さほど苦労はしていない感じです。

エージェントを利用することのメリット・デメリットは人それぞれ違うと思いますが、コネとかなければ、最初のうちはエージェントをうまく利用して、フリーランスになる入り口を作ってもらう方が楽だと思います。

また自分の思い描いているキャリアプランに近づけるための相談をあらかじめエージェント担当者と共有しておくことで、スキルアップの案件なんかも提案してくれるので、フリーランスになりたての今の自分には有難い存在になっています。

「フリーランスになりたい」と興味を持っている人は、まず行動してみましょう。
セミナーに行く、エージェントに相談する、などできることはあるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました